多汗症の原因

多汗症の原因

多汗症の原因として多く言われているのは、精神的ストレスです。人前にでて緊張したり、不安を覚えることや、ストレス、緊張などによって、交感神経が優位になり、汗腺の働きが活発になることによって引き起こされてしまうことになります。しかし、必ずしも、精神的ストレスだけが原因であるとは言えません。そのため、自分が多汗症になっているのはなぜかということを理解することが大切です。
精神的なストレス以外の原因として、ホルモンバランスの乱れによるものという可能性も考えられます。ホルモンの分泌も交感神経も同時に脳の視床下部という場所でコントロールされており、ホルモンバランスが乱れることによって、交感神経のバランスも乱れてしまうことによって、多汗症の症状が現れます。特に女性の場合には、月経や更年期などがあるため、そういった影響を受けやすくなってしまいます。

神経質な正確や緊張しやすいなどの性格などが遺伝するということも、直接的ではありませんがそれによって、多汗症を引き起こしてしまうという可能性があります。

また、生活習慣についても、多汗症の原因となってしまうものがあります。特に肥満気味の方の場合は多いとされております。そのため、バランスのとれた食生活を心がけて、肥満の解消に努めることが大切となります。また、タバコやコーヒーといった嗜好品も原因の一つとなります。

コーヒーの中に含まれているカフェインというものは、眠気を飛ばすと言われておりますが、それは交感神経を活発にさせることによるものなので、交感神経を優位にすることによって発汗を促します。そのため、なるべくカフェインなどは避けることがお勧めです。さらに、ニコチンも、交感神経を刺激する作用があるため、避けておいた方が良い嗜好品となります。

病気の治療の際に服用する薬によっても引き起こされる可能性があります。糖尿病や悪性リンパ腫などといった病気の方の場合、抗コリンエステラーゼといった薬を服用することによって引き起こされる場合もあります。

また、病気によって引き起こされる場合もあります。引き起こされる原因としては、まず、結核や悪性腫瘍などの発熱性の病気になることで、体温が上がり、体温が下げようとするために発汗するため症状が現れます。次に、甲状腺機能亢進症などの基礎代謝が上がる病気は、交感神経を刺激するため、こうした病気によって症状が引き起こされます。
薬や農薬などの化学物質によって引き起こされる中毒によって交感神経を刺激してしまうことによって症状が現れる場合もあります。

脳や神経系などが事故や脳梗塞などによってダメージを受けることによって、交感神経にダメージを与えてしまい、それによって、脳や神経が傷ついた部分や全身での症状がみられる場合があります。
そういった病気によって引き起こされている場合には、早めに病院で診断を受けることがお勧めとなります。

幼少期から思春期にかけて発症することが多い、手掌多汗症というものを発症している可能性もあります。精神的な緊張がきっかけで大量に発汗してしまいます。それによって、対人関係や日常生活でストレスが増えることでさらに症状を悪化させてしまうということも挙げられます。

軽度な方の場合は、健常な人と同じように手のひらが乾いていることもありますが、精神的な緊張や、ものを持つなどをすることによって、急に多量の発汗をしてしまう場合があります。
重度の症状となると、いつも手が湿っており、発汗しているという状態のため、指先が冷たい状態となっております。手から汗が落ちるほど発汗してしまい、ものがつかみにくいといった症状に加えて、汗の水分によって機械などを壊してしまう恐れもあり、常にハンカチが手放せなくなってしまいます。そういった症状がある場合は、早めに医師に相談することが大切です。

このページの先頭へ