ファリネの副作用はあるの?

ファリネの副作用はあるの?

ファリネは手汗腺用の制汗剤になります。
ファリネの副作用に関してですが、皮膚上に起こる副作用は限りなく少ないということが可能です。
医薬部外品の指定成分のみで製造されているため、肌にとって負担になったり、炎症を起こす可能性のある成分は入っていないからです。
香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラベンなどの添加物は使用していない無添加処方にこだわっている製品です。
市販の制汗剤の副作用が気になる人、もともと肌の弱い人などにもおすすめの製品になります。
医薬部外品は100パーセント安全というわけではないのですが、厚生労働省が指定した成分によって作られているという事実があることによって、安心感や一致得の安全性が保証されていると考えることが出来ます。
薬事法では薬に分類されるため、使用した人全員、100パーセント絶対に安心であるとは言い切れない部分はありますが、通常の使用方法を守って使用すれば皮膚に強い副作用が起こることはほとんどないと言えます。
しかし体調や体質には個人差があるため、絶対に100パーセントないとは全ての製品に対して言えないことなのです。
ファリネは公式サイトから購入した場合、万が一、皮膚上にトラブルが起こってしまった場合には、返金に対応してくれるので安心して使用することが出来ます。
それだけ製品に自信をもっているという証拠にもなります。
尚、返金対象となるのは、公式サイトから定期コースの注文者限定となっているため注意が必要です。
公式サイト以外で購入したり、単品で製品を購入した人の場合は返金対象にならないということになります。
定期コースで購入すると、通常価格8,890円(税抜き)に送料600円(税抜き)の計9,490円(税抜き)のところ、初回のみ70パーセントOFFの2,667円(税抜き)で購入することが出来ます。
送料は無料です。
2回目からは6,800円(税抜き)で購入することが出来ます。
定期コースの人しか返金対象にならないので、初めて使用する人でも定期コースでの購入をおすすめします。
返金保証をうけるためには他にもしておくことがあります。
まず商品が届いた際に入っていた箱などの梱包類は全てとっておきましょう。
お買い上げ明細書、商品の容器、商品の箱、外箱ダンボールの4点は最低限必要となってきます。
そのほかにも添付されていたチラシ類や特典などでついてきたものも念のため残しておきましょう。
肌あれの症状などが起こってしまった場合には、事前に電話で申請をします。
一方的に送り返すのではなく、必ず事前に電話で返金したい旨を伝える必要があります。
サポートダイヤルはフリーダイヤルなのですが、土曜日、日曜日、祝日を除く10:00から18:00の受け付けとなっています。
手汗に効果がないという理由では返金対象にならないので注意が必要です。
もともと手汗は現代医学では治せないといわれている病気になります。
制汗剤で凌ぐ必要があるのです。
パウダータイプになるので、界面活性剤は配合されていません。
液状やクリーム状やジェル状などの制汗剤とは大きく異なっている点です。
界面活性剤が入っていないということは、肌にとても良いということになります。
自然に近いものになるので、手あれ、炎症、かゆみなどの肌のトラブルの可能性は非常に低いということが出来ます。
今まで制汗剤などを使用して、痛み、かゆみ、手あれなどの症状が出た人など敏感肌や肌の弱い人でも使用をおすすめすることの出来る制汗剤です。
ベタつきの原因となる油分も配合されていないので、ベタつきにくいのも特徴になります。
安全性と使用感、両方に秀でている製品ということになります。
ファリネに含まれている制汗成分はクロルヒドロキシアルミニウムという成分になります。
このクロルヒドロキシアルミニウムとは、医薬部外品指定で安全性と効果が認められている成分です。
制汗成分の代表格である塩化アルミニウムは、制汗治療などにも使用されることがあるのですが、手あれ、炎症、湿疹、かゆみなどの副作用が出ることがあります。
クロルヒドロキシアルミニウムはそのデメリットを解消している成分になります。
制汗効果では塩化アルミニウムの方が高いのですが、その分デメリットが多いため、肌の弱い人や使用するのが心配な人はクロルヒドロキシアルミニウムが制汗成分となっているファリネの使用をおすすめします。
クロルヒドロキシアルミニウムをナノ化しているため、手汗の分泌腺であるエクリン汗腺よりも細かい粒子になっており、成分の効果にプラスして品質の高さによって制汗効果を高めているのです。
手汗に本当に悩んでいる人は手術(ETS)やボトックス注射などの方法も考えると思いますが、手術もボトックス注射も副作用の可能性と隣り合わせになっていますので、まずはファリネを使用してみてから考えても決断は遅くありません。

このページの先頭へ