エクリン腺とアポクリン腺の働きと違いについて

エクリン腺とアポクリン腺の働きと違いについて

私たちの体は、外気温に左右されることなく一定の温度をうまくコントロールすることで健康を維持しています。そして、この体温維持に一役買っているのが汗です。また、汗は2種類の汗腺(かんせん)から出るようになっており、それぞれに違った働きがあります。

汗腺の一つは、エクリン腺と呼ばれており、そこから出る汗はエクリン汗と呼ばれています。私たちが通常、汗といっているのはこの腺から出る汗を指しています。汗というと、汗臭い、ワキガ、足が臭いなどといってあまり良いイメージがありませんが、実は私たちが通常言う汗はサラサラとしており、臭いなどはほとんどありません。というのも、エクリン腺から出る汗の99%が水分だからです。アンモニアなどの有害成分も含まれてはいますが、尿素や塩分、ミネラル(カルシウム)など、水分以外のものをすべて合わせたところでわずか1%に過ぎないのです。

また、エクリン腺は手のひらと足の裏に集中して存在するという特徴があります。そのため、特に何もしなくても手のひらが汗ばんだり靴下が湿っぽくなったりするわけです。しかし、エクリン腺は、ほぼ全身に隈なく存在しています。その数は、1平方センチに100個は優に超えるほどもあるといわれており、肌の表面にある汗孔(かんこう)と呼ばれる穴が汗の出口となっています。汗腺の数を合計すれば、少ない人でも200万個、多い人となると500万個にものぼるといわれています。汗かき(多汗症)と言われる人は、エクリン腺が多かったり、働きが活発なことが原因です。しかし、働きが活発といっても、これだけ存在するエクリン腺がすべてが活動しているわけではありません。活動するのは全体の50%程度ともいわれ、その割合は生後3年以内の生活環境で決まるといわれています。つまり、熱帯地方で育った人はエクリル腺をたくさん活動させることで、体温調節を上手くコントロールしているというワケです。
 
一方、もう一つの汗腺は、アポクリン腺と呼ばれるものです。エクリル腺が全身に存在しているのに対して、この腺は特定の部位にだけ存在しているという大きな特徴があります。その部位とは、ワキの下、性器や肛門の周辺、乳輪の周辺、耳の外耳道、おへそなどです。アポクリン腺は動物にとっては人間の言葉に代わるものといわれており、異性を引き付けるフェロモンのような役割を果たしています。人間の場合は、進化の過程で徐々に退化してきたといわれていますが、今でも性器周辺に存在するのはその名残なのだといわれています。
 
アポクリン腺の汗は毛穴と同じ穴から排出され、その汗はアポクリン汗と呼ばれています。成分に、タンパク質や脂質、アンモニアが20~30%含まれていることから白っぽく粘り気があることが特徴ですが、その他はすべて水分です。汗臭いなどといわれるのは実はこのアポクリン腺から出る汗が原因です。といっても、汗そのものに原因があるわけではなく、アポクリン腺から出た汗の、タンパク質や脂質、糖質、アンモニアといった成分が皮膚上に存在する菌に分解されることによって特有の臭いが発生するのです。また、汗の成分が栄養豊富であるため、皮膚上に菌が繁殖しやすくなることも臭いが発生しやすい原因の一つとなっています。汗腺の数は生まれつき決まっているといわれており、性別に関係なく第二次成長期を迎える頃になるとイクラ程度の大きさに膨れます。そして、老年を迎えた頃には再び小さくしぼんでいきます。ワキガといえば、特有の鼻につく嫌な臭いが特徴ですが、その原因はアポクリン腺の数が生まれつき多かったり、汗腺の働きが活発だったりすることが原因なのです。
 

このページの先頭へ