塩化アルミニウムとは?

塩化アルミニウムとは?

夏の暑い時期ではなくても、脇や手汗という部位は汗をかきやすいです。

人によっては、コンプレックスに感じるほどかいている人もいるでしょう。汗は、カラダの体温を調整するために無くてはならないものですが、たくさん汗をかいてしまうと恥ずかしい思いをすることもあります。

また、汗をかかないように意識したりすると、余計に汗が出てしまうといった経験をされた方もいるでしょう。

塩化アルミニウムは、肌に塗ることで、汗が出てくる活腺に蓋をする効果があり汗を押させてくれる働きがあります。汗腺の中にたまって効果を持続することも分かってきています。

脇や手のひら、気になる部分に塩化アルミニウムを塗る場合は、入浴後の清潔な状態にしてから直接塗るか、コットンなどに付けて吹くようにすると良いです。

これを毎日繰り返していくことで、持続性もでてきますのでおすすめです。

塩化アルミニウムを塗って肌荒れやかゆみや赤み、水ぶくれのような症状が出る方もいますので、そのときは使用を中止して、皮膚科を受診します。

このページの先頭へ